公式サイトよりも詳しいブロードWiMAXの解説サイト

期間限定キャンペーン開催中 >

Broad WiMAXのキャンペーン内容を徹底解説!初期費用や端末代金が期間限定で無料!

Broad WiMAXのキャンペーンは、初期費用無料・端末代金無料・解約違約金負担の3つの内容で、とてもお得な内容になっています。

他のプロバイダのようにキャッシュバックがもらえるキャンペーンではありませんが、この3つのキャンペーンによって、他社で契約するよりも最大40,000円ほど安く利用できるキャンペーンになっています。

さらに、公式サイトにはしっかり記載していないBroad WiMAXのキャンペーンの特徴をまとめてみると、次のようになります。

  • 初期費用18,875円割引
  • 端末代金20,000円相当が無料
  • 他社解約違約金を19,000円負担
  • ギガ放題の月額料金が2,726円〜
  • 1,005円のLTEオプションが無料

Broad WiMAXのキャンペーンで申し込みをすると、これだけお得な特典がついてくるので、申し込みをするユーザーによっては40,000円お得どころではない内容ですね。

キャッシュバックがもらえる他社のキャンペーンでは、受け取りの条件や手続きが複雑になっていますが、Broad WiMAXの場合はそういった手間が一切ありません。

申し込みが簡単な上に、申し込みをしたユーザー全員がお得になるとても魅力的なキャンペーンです。

キャンペーンは期間限定開催なので、WiMAXの申し込みを考えているユーザーはBroad WiMAXのキャンペーンを利用して申し込みをするのがおすすめです。

※ ↑Webで申し込み・クレジットカード払い・申し込み時のみオプション加入でキャンペーンが適用されます。

このページでは、Broad WiMAXのキャンペーン内容について、さらに詳しく理解したい方に向けて、Broad WiMAXのキャンペーン内容について、分かりやすく解説しています。

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンとは?

Broad WiMAXのキャンペーンで最も特徴的なのが、この初期費用無料キャンペーンです。

WiMAXには、契約事務手数料はあっても、初期費用が設定されているプロバイダはなかなかありません。

そんな中、Broad WiMAXは18,875円という初期費用を設定している珍しいプロバイダです。

高額な初期費用が必要となると、契約を考えているユーザーからは敬遠されそうなものですが、Broad WiMAXはその代わりに月額料金を大幅に割引きしています。

UQ WiMAXと比較すると、毎月1,000円ほど月額料金が割引されるので、2年間契約したとすると、その差額は24,000円になります。

初期費用を支払ったとしても、毎月の割引を差し引いて、2年間の合計で5,000円ほど安くWiMAXを利用できるというわけですね。

しかし、初期費用無料キャンペーンの内容は、文字通り初期費用18,875円が無料になるというキャンペーンです。

初期費用が無料になっても、大幅に割引された月額料金は変わらないので、通常よりも24,000円程安くWiMAXを使えるのが、Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンです。

キャンペーンの適用条件1 : Webからの申し込み

Broad WiMAXのキャンペーンは、Webからの申し込みでしか適用されません。

電話で気になる点を問い合わせるのは問題ありませんが、最終的な申し込みは、必ずこちらの公式サイトから行いましょう。

他のページ経由でキャンペーンの表示がされていなかったり、Web以外の申し込み方法ではキャンペーンが適用されないので十分に注意して下さい。

Broad WiMAXの申し込み方法を徹底解説!手順や損をしないための注意点について

キャンペーンの適用条件2 : 月額最安プランを選択

Broad  WiMAXには、WiMAXの月額料金が安くなる、『月額最安プラン』とauスマホが割引になる『auスマホ割プラン』の2種類の料金プランがあります。

その中でも、キャンペーンが適用されるのは『月額最安プラン』だけです。

auユーザーは、auスマートバリューが利用できるので、auスマホ割プランを選択してしまいそうになるかもしれませんが、Broad WiMAXに関しては、auスマホ割プランはあきらめましょう。

それよりも、月額最安プランで月額料金の割引と初期費用無料のキャンペーンを受ける方がよほどお得にWiMAXを利用することができます。

auスマホ割プランは、初期費用無料キャンペーンの適用外である上に、WiMAXの月額料金割引までなくなってしまうので、反対にコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

月額最安プランには、さらにライトプランとギガ放題プランがありますが、せっかくWiMAXを使うなら、月の通信容量が無制限で使えるギガ放題プランがおすすめです。

どちらか迷っている場合でも、最大3ヶ月はギガ放題の料金が無料で利用できて、プラン変更はいつでも可能なので、まずはギガ放題で使って見て、1ヶ月の通信量が少ないなら、ライトプランを検討してみても良いのではないでしょうか。

Broad WiMAXのキャンペーンは、月額最安プランであれば、ライトプランでもギガ放題プランでも適用されるので、安心です。

Broad WiMAXのギガ放題とライトプランって?通信容量に応じて選ぶプラン種別を解説

キャンペーンの適用条件3 : クレジットカードでの支払い

Broad WiMAXには、クレジットカードでの支払いと口座振替の2つの支払い方法があります。

※ デビッドカードには対応していません

初期費用無料のキャンペーンを受けるには、クレジットカードでの支払い登録が必須になっています。

口座振替での支払いを希望するユーザーも、まだ一定数いるのは間違いないのですが、こうした通信系のサービスでは特にクレジットカードでの契約が簡単です。

Broad WiMAXは口座振替に対応している数少ないプロバイダの1つなのですが、初期費用無料キャンペーンが適用されない上に、月額料金お割引もなくなってしまうので、こちらもやはり割高になってしまいます。

クレジットカード払いが苦手に感じる方でも、ここは我慢してクレジットカード払いを選ぶ方が良さそうです。

キャンペーンの適用条件4 : 2つのオプションに加入

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用するには、申し込み時に2つのオプションに加入する必要があります。

そのオプションとは以下の2つです。

  • 安心サポートプラス (550円)
  • My Broad サポート (907円)

安心サポートプラスは、Broad WiMAXの端末保証オプションです。

万が一端末が壊れてしまっても、無償で修理してくれるサービスなのですが、水濡れやユーザー故意の原因による故障には対応してくれません。

安心サポートプラスは、継続して加入する必要がなく、申し込み時に加入しておいて、キャンペーンが適応されたら、Myページからいつでも解約が可能です。

もう1つのオプションはMy Broad サポートです。

このオプションは、Broad WiMAXのメールアドレスが付与されたり、WiMAXの接続方法やパソコンの設定・使い方など幅広くサポートしてくれるオプションです。

24時間電話でのサポートもしてくれるので、パソコンの操作が不安だという方は加入しておいても良いでしょう。

My Broad サポートに関しても、申し込み後はMyページから簡単にオプションの解約が可能です。

不要な場合は、忘れないうちにすぐ解約しておくのが良いでしょう。

Broad WiMAXの安心サポートプラスって?オプション内容や加入の必要性を解説

My Broad サポートって?特徴や加入の必要性と解約方法について解説

端末代金無料キャンペーン

Broad WiMAXでは、取り扱いのある端末代金が全て無料になるキャンペーンも開催しています。

現在取り扱いのあるWiMAXルーターは、以下の4機種です。

  • WX005
  • W06
  • L02
  • Home01

これらは各メーカーの最新機種なのですが、Broad WiMAXでは全ての端末代金が無料になっています。

最近ではUQ WiMAXやBiglobe WiMAXなどで、15,000円ほどの端末代金が必要なことから、最新機種が無料でもらえるBroad WiMAXのキャンペーンはとてもお得です。

おすすめの端末はW06

どれも最新機種なので、基本的にはどれを選んでも間違い無いのですが、WX05は不具合報告が多いので、現在はおすすめできません。

L02とHome01はモバイルタイプではなく、ホームルータータイプで、自宅の中で使うことに限定された仕様になっています。

もちろん自宅やオフィスのみで利用する場合はホームルーターでも良いのですが、やはり持ち歩きができるモバイルルーター の方が便利で人気です。

そうなると、残された機種はW06一択になり、今から契約するならW06が一番おすすめです。

W06は全ての端末の中でも最も新しい機種ですし、その機種が本体代金無料で手に入るので、ここもBroad WiMAXのお得なポイントです。

Broad WiMAXの詳しい機種比較は、こちらの記事もご覧ください。

Broad WiMAXの機種はどれがおすすめ?端末の違いを徹底比較!

他社からの乗り換え違約金負担キャンペーン

Broad WiMAXで開催している最後のキャンペーンは、他社からの違約金を負担してくれるキャンペーンです。

あまり大々的に宣伝はしていないキャンペーンなのですが、実はBroad WiMAXのキャンペーンで一番すごい内容なのは、このキャンペーンではないかと思っています。

例えば、先ほど比較に出たGMOとくとくBBでWiMAXを契約しいていて、キャッシュバックをもらえなかったり、契約した端末が不満だったりと、契約更新月を待たずに解約したいという場面が少なからず出てきます。

そんな時、通常なら違約金を支払って解約するか、我慢して使い続けるかのどちらかなのですが、Broad WiMAXは、こんな場合の解約違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

こうしたキャンペーンを行なっているのは、Broad WiMAXだけなので、非常に大きなキャンペーンの特徴になっています。

Broad WiMAXの乗り換え違約金負担って?申請方法や注意点を解説

違約金負担キャンペーンを適用するには?

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは、Webからの申し込みで、さらにクレジットカード支払いを選択すると、初期費用無料キャンペーンも併用できます。

新規で契約する場合と同じで、まずはBroad WiMAXの申し込みから手続きを始めます。

その後で、これまで使っていたWiMAXプロバイダを解約し、その際に発生した違約金の証明をBroad WiMAXに提出することで、違約金を代わりに支払いしてくれます。

もし、解約のタイミングが遅れてしまった場合でも、後から違約金の金額がわかるものを提出すれば、指定した口座に違約金分をキャッシュバックしてくれるので、とても安心です。

他社WiMAXを利用していて、契約更新月以外の乗り換えを検討している方は、Broad WiMAXのキャンペーンを利用するのが正解です。

Broad WiMAXの乗り換え違約金負担って?申請方法や注意点を解説

Broad WiMAXのキャンペーンを他のプロバイダと比較する

プロバイダ初期費用月額料金キャッシュバック
Broad WiMAX18,875円
→ 0円
3,411円0円
GMO0円4,263円30,000円
UQ WiMAX0円4,380円3,000円

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーン・GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン・UQ WiMAXの商品券プレゼントキャンペーンを比較してみると、上の表のようになります。

UQ WiMAXの商品券プレゼントキャンペーンは、少額なので候補から外すとして、Broad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXに注目してみましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、申し込む時期によりますが、30,000円前後のキャッシュバックがもらえます。

その代わり、月額料金の割引はほとんどありません。

しかし、総額で見るとGMOとくとくBBが最もお得なプロバイダだということが分かります。

ただし、このキャッシュバックを受け取るには、契約から11ヶ月後の受け取り手続きを済ませる必要があり、3割〜4割のユーザーが、メールを見逃したり、手続きを忘れたりして、結局受け取ることができなかったという事実があります。

いくら高額なキャッシュバックが用意されていても、もらえなければ全く意味がありません。

UQ WiMAXの正規料金と変わらない月額料金を、残りの契約期間支払い続けることになってしまいます。

その点、Broad WiMAXなら、条件を満たせば初期費用が無料になり、月額料金は自動で割引されるので、まず損をすることがありません。

もらうことができれば、お得なGMOとくとくBBか、絶対損をしないBroad WiMAXのキャンペーンか、確実な方での契約がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンと比較

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンは、Broad WiMAXとは対称的な内容になっています。

Broad WiMAXが毎月の支払額から割引することに対して、GMOとくとくBB WiMAXは契約から11ヶ月後に高額なキャッシュバックが振り込まれます。

その代わり月額料金の割引はほとんどなく、毎月の支払額でみるとWiMAXプロバイダの中で最も高額なUQ WiMAXと変わらない料金になっています。

キャッシュバックの金額は、申し込みをする時期によって異なりますが、どのプロバイダよりも高額になっています。

WiMAXを3年間使った総額で考えると、キャッシュバックの金額によってはBroad WiMAXよりお得になるGMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンですが、致命的なデメリットがあります。

それは、申し込みをしたユーザーの多くがキャッシュバックの受け取り手続きができずに受け取り期間を終えてしまうという点です。

これはGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り手続きや条件が複雑になっているのが原因です。

契約から10ヶ月後に滅多に使わないGMOとくとくBBのメールアドレスに届く、キャッシュバックの受け取り手続きに関する案内メールを確認し、1ヶ月以内に受け取り手続きを完了しないといけないというのが、高いハードルになっているようですね。

GMOとくとくBB WiMAXは月額料金でみると全くメリットのないプロバイダなので、万が一キャッシュバックの受け取りができないと、UQ WiMAXで契約した場合とほとんど変わらない料金になってしまいます。

Broad WiMAXの場合は、こうした受け取り手続きがないので、誰でも簡単に安くWiMAXを利用できるようになっています。

2つのプロバイダはその料金のお得さからよく比較されるプロバイダですが、損をせずに確実にWiMAXを安く利用するにはBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXを比較!どっちで契約するのがお得?

UQ WiMAXのキャンペーンと比較する

UQ WiMAXはWiMAXの公式プロバイダですが、割引がほとんどないことで知られていて、料金面でみると全くメリットがないプロバイダです。

キャンペーン内容といっても、3,000円から5,000円の商品券がもらえる程度の内容なので、他のプロバイダのキャンペーンと比較すると、総額で最も高くなってしまうのがUQ WiMAXの特徴です。

Broad WiMAXと比較すると、月額料金や端末代金を全て含めて30,000円以上総額に差が出るので、よほどの理由がない限りBroad WiMAXで申し込みをするのがおすすめです。

特に最近では、UQ WiMAXの解約違約金が1,000円になったことで、いつでも解約できるようになったのですが、15,000円の端末代金を請求するようになってしまいました。

いくらいつでも解約できる安心感があるとはいえ、これでは最初から違約金を支払っているようなものです。

長期契約するユーザーにはもちろん、短期契約を考えているユーザーにとっても、端末代金15,000円というのは初期費用の出費が高すぎます。

これで月額料金が極端に安ければ、UQ WiMAXで契約するメリットもありますが、月額料金の割引もBroad WiMAXほどの割引額ではありません。

UQ WiMAXはCMを放送しているので、知名度で言えば一番有名なプロバイダです。

UQ WiMAXしか知らずにWiMAXを申し込んでしまうユーザーはとても多いと思うのですが、Broad WiMAXのように安い料金で利用できるキャンペーンを知らないと、とても損をしてしまうことになります。

通信速度やエリアなどの基本的なサービスに関してはBroad WiMAXとUQ WiMAXで全く違いがないので、料金面でメリットの大きいBroad WiMAXでの申し込みがおすすめです。

Broad WiMAXとUQ WiMAXの違いはなに?比較するポイントのまとめ

Broad WiMAXのキャンペーンにデメリットは?

Broad WiMAXのキャンペーンは他のプロバイダと比べてとてもお得な点が多く、真っ先に契約を考えるべきプロバイダです。

しかし、デメリットがないかというとそういうことではありません。

Broad WiMAXのキャンペーンを利用して申し込みをする前に、デメリットについても少し触れておきましょう。

総額で最安値ではない

プロバイダの比較でも触れたように、Broad WiMAXのキャンペーンは、3年間利用した総額で最安値ではありません。

月額料金で考えると安いのですが、総額で考えると高額なキャッシュバックキャンペーンを開催しているGMOとくとくBB WiMAXの方が安くなっています。

しかし、キャッシュバックキャンペーンには受け取り手続きに不備があったり、申請期間を過ぎてしまうと貰えないというリスクがあります。

実際にキャッシュバックキャンペーンで申し込みをするユーザーのほとんどが、キャッシュバックを受け取れておらず、結局高い月額料金を払い続けているというケースがあります。

Broad WiMAXの場合は、高額なキャッシュバックをしない代わりに月額料金の割引を行い、全てのユーザーが損をしないように確実なキャンペーンを展開しています。

最安値ではないといっても、全てのプロバイダの中で2番目に安いのがBroad WiMAXですし、GMOとくとくBBとの差額は毎月数百円程度です。

貰えない確率が高いけど、100円・200円安いGMOとくとくBBにするか、確実に割引を受けられるBroad WiMAXにするからは意見が別れるところだと思いますが、安全なのはBroad WiMAXです。

また、GMOとくとくBBはどちらにしても1ユーザーにつき1度しか申し込みができないので、2回目の申込先としては、ほぼBroad WiMAX一択ということになります。

キャンペーンに適用条件がある

Broad WiMAXのキャンペーンは、全てのユーザーがどんな申し込み方法でも適用されるキャンペーンではありません。

Webからの申し込み・クレジットカードでの支払い・申し込み時にオプション加入という条件があります。

決して難しい条件ではないので、どのユーザーでも対象となるのは確かなのですが、この条件を満たさないと当然ですが、キャンペーンが適用されなくなってしまいます。

月額料金の割引はそのままとは言え、やはり18,875円の初期費用というのは高額です。

『Webからの申し込みが苦手で電話で申し込みをしたい』『クレジットカードを持っていないので口座振替にしたい』というような場合は、キャンペーンの適用外なので、注意しましょう。

とは言え、クレジットカードはこのために作っても良いくらいですし、そもそもWebからの申し込みが苦手だというユーザーが、Broad WiMAXの情報にたどり着くことはないかもしれません。

おそらく一応の適用条件を提示しておいて、結局はほぼ全てのユーザーにキャンペーンを利用して申し込みをしてもらおうという意図があるように思います。

よほどの理由がないと、このキャンペーンの対象外となることはないと思いますが、申し込み前には初期費用無料キャンペーンの内容をしっかり確認しておきましょう。

Broad WiMAXのメリットとデメリットについて解説した記事はこちら

Broad WiMAXのキャンペーンまとめ

Broad WiMAXのキャンペーン内容をまとめると、以下のような特徴があります。

  • 初期費用18,875円割引
  • 端末代金20,000円相当が無料
  • 他社解約違約金を19,000円負担
  • ギガ放題の月額料金が2,726円〜
  • 1,005円のLTEオプションが無料

メインとなる3つのキャンペーンで、他のプロバイダと比較して最大40,000円以上お得になるのがBroad WiMAXのキャンペーンです。

初期費用無料キャンペーンの適用にはWebからの申し込み・クレジットカードでの支払い・申し込み時にオプション加入という条件が必要ですが、ほとんどのケースで初期費用が無料が適用されるでしょう。

さらに月額料金は他のWiMAXプロバイダと比較して、1,000円ほどお得な設定になっています。

Broad WiMAXは、正直に言うと初期費用無料キャンペーンがなければ、そこまで魅力的なプロバイダではありません。

しかし、初期費用無料キャンペーンがあることで、月額最安プランのコストパフォーマンスが急激に上がり、全てのWiMAXプロバイダの中で、最も簡単で確実に得するプロバイダになります。

キャンペーンの内容を比較してみると、キャッシュバックキャンペーンよりインパクトは少ないですが、もらい忘れや面倒な受け取り手続きがないというのが最大の特徴です。

余計な手続きが必要なく、最初からお得になるキャンペーンを開催しているのは、Broad WiMAXだけです。

WiMAXのキャンペーン選びで迷っている方は、Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを利用して申し込みをすれば、確実に安くWiMAXを運用できるのでおすすめです。

安いだけでなく8日以内の無料キャンセル制度や、その後も違約金負担なしで解約できるいつでも解約サポートなど、契約後の万が一のリスクに備えてサポートも充実しています。

これらのキャンペーンは、いつまでと明記されている訳ではありませんが、突然終了する可能性もあるので、Broad WiMAXに申し込むなら、キャンペーンの開催期間中に申し込みをするのがおすすめです。

\ Broad WiMAXの期間限定キャンペーン /

Broad WiMAXはこちらの公式サイトからの申し込みで、期間限定のとてもお得なキャンペーンが適用されます。

  • 初期費用18,875円無料
  • 端末代金20,000円相当が無料
  • ギガ放題が月額2,726円〜

Broad WiMAXなら業界最安でWiMAXの利用が可能です。