公式サイトよりも詳しいブロードWiMAXの解説サイト

Broad WiMAXを解約して再契約することは可能?その方法と注意点を解説

Broad WiMAXは、解約して再契約が何度でも可能なプロバイダです。

再契約しても、最初の契約と同じように初期費用無料・月額料金割引の対象になるので、2年または3年の更新月がきたら、そのまま継続利用せずに一度解約してから再契約するのがおすすめです。

ただ、Broad WiMAXで再契約する前に知っておきたいのは、Broad WiMAXよりも月額料金が安いGMOとくとくBB WiMAXの存在です。

Broad WiMAXでは、月額料金が2年間3,411円で利用できますが、2年以降は割引がなくなり、4,011円の月額料金を支払うことになります。

GMOとくとくBB WiMAXは3年間ずっと3,480円で利用できるので、再契約するならBroad WiMAXよりGMOとくとくBB WiMAXの方がおすすめです。

月額料金が安いとなると、更新月以外の解約でも、もちろん解約して再契約したくなるかもしれませんが、その場合は解約違約金が必要なので、解約→再契約のタイミングには注意が必要です。

再契約するなら、できるだけ更新月であることを確認して、その後再契約の手続きを進めるようにしましょう。

このページでは、Broad WiMAXの再契約についてさらに詳しく解説しています。

Broad WiMAXを解約して再契約するには?

Broad WiMAXに問い合わせてみた所、以下のように答えが帰ってきました。

  • 解約から再契約は可能
  • 再契約の場合も初期費用無料キャンペーンは適用
  • 再契約の場合も月額最安プランで契約可能
  • 解約のタイミングによっては違約金が発生する

基本的には解約→再契約の場合も、新規契約する時と料金プランやキャンペーンの内容に違いやありません。

ただし、解約するタイミングが更新月以外の場合は、違約金が必要なので、再契約すると逆に損をする場合もあると言うことです。

基本的にはいつでも再契約が可能

Broad WiMAXは、基本的に解約後の再契約は問題なく認められています。

3年間の契約期間を更新月で解約し、その後すぐに再契約を申し込むことができます。

また、契約期間を満了せずに、違約金を支払い途中解約したとしても、その後再び契約を申し込めば、通常通り受理されます。

過去にBroad WiMAXで契約したことがあって、他のプロバイダに乗り換え、その後またBroad WiMAXに申し込むと言うことも問題なく可能です。

初期費用無料キャンペーンは何回でも適用

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンは、再契約の場合でも、通常通り適用されます。

WiMAXプロバイダのキャンペーンは、ほとんどが1回だけ利用できるものなので、次々にプロバイダを乗り換えないとお得に利用することはできません。

しかし、Broad WiMAXなら更新月の度に解約して再契約すると、ずっとお得に利用することができます。

月額最安プランのお得割と、にねん割も何度でも利用できるということなので、再契約とはいえ、内容は新規契約の時と全く変わらないと思って良いでしょう。

過去にGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが、1人につき1度しか対象にならないという事を知らずに、途中まで申し込みを進めてしまった経験があるので、Broad WiMAXのこうした対応を見ると、本当に長く付き合っていけるプロバイダだなと感じます。

Broad WiMAXのキャンペーン内容を徹底解説!初期費用や端末代金が期間限定で無料!

解約から再契約は違約金の発生に注意

Broad WiMAXは、月額料金がお得なWiMAXプロバイダですが、2年を過ぎて契約が25ヶ月目に入ると、『お得割とにねん割』の合計600円の割引が無くなってしまいます。

3年以降は、ギガ放題プランだと4,011円の月額料金を支払うことになるのですが、その前に解約してしまい、すぐに解約することは可能なのか調べてみました。

結論から言うと、解約後の再契約は問題なく可能なのですが、解約するタイミングによっては違約金が発生するので、そのまま更新月まで契約を続けた方が良い場合もあるので、注意が必要です。

解約してからの再契約が可能だということは分かりましたが、中には『月額料金の安い期間だけ契約して、月額料金が上がったタイミングで解約して、すぐに再契約すれば良いのでは…』と考えるユーザーもいるのではないでしょうか?

実は私もそれを考えてみたのですが、契約期間の途中で解約して再契約すると、違約金の問題でお得にはならないという事が分かりました。

Broad WiMAXの解約違約金については、以下のようになっています。

解約月違約金キャンペーン違約金
12ヶ月以内19,000円9,500円
24ヶ月以内14,000円9,500円
25ヶ月以降9,500円0円
37ヶ月の更新月0円0円

Broad WiMAXの違約金は、表の通りですが、24ヶ月以内の解約の場合は、キャンペーン違約金として9,500円が別途必要になります。

Broad WiMAXの契約期間は?最低利用期間や違約金についてを解説!

そのため、解約してから再契約するにしても、24ヶ月以内では違約金の支払いが多すぎて、反対に高くなってしまいます。

では25ヶ月での解約の場合はどうでしょうか?3年の更新月を待たずに解約して、再契約した場合の料金と、25ヶ月から37ヶ月まで使い続けた場合の1年間の料金を比べてみましょう。

契約期間合計金額
25ヶ月 – 37ヶ月4,011 x 12 = 48,132円
25ヶ月で違約金支払い
再契約
(2,726 x 3)+(3,411 x 9)+9,500+3,000=51,377

Broad WiMAXは、25ヶ月目以降のギガ放題月額最安プランが4,011円に上がってしまいますが、25ヶ月で解約違約金を支払って、再契約するよりも、3年間の更新月まで契約を続けた方が、3,240円お得になるという結果になりました。

再契約した方が、初年度の総支払額は安くなるのですが、解約違約金と再契約の際の登録事務手数料3,000円が必要なので、下手に再契約をせずに37ヶ月の更新月に解約して、違約金なしで解約したあと、もう一度契約するのが良さそうです。

機種変更よりも再契約の方がお得

Broad WiMAXには、20ヶ月以上の利用で違約金なしで機種変更ができるサービスがあります。

契約期間の途中であっても、機種変更が可能ではあるのですが、機種変更後は再び3年間の契約期間がスタートします。

機種変更というよりも、新規契約に近い形になるのですが、機種変更の場合は、2年間のお得割がとくトク割という割引に変わり、割引金額が600円→300円に減額されてしまいます。

そのため、最新機種に乗り換えるのを我慢できるのであれば、更新月まで契約して、解約して再契約という流れが一番お得になります。

Broad WiMAXで機種変更するには?20ヶ月以降なら無料でできる機種変更の方法と注意点

Broad WiMAXの再契約まとめ

  • 再契約はいつでも可能
  • キャンペーンや月額料金の割引も適用
  • 更新月まで契約して再契約が一番お得

Broad WiMAXの解約から再契約までをまとめると、ポイントは上の3点です。

他のプロバイダのように、キャンペーンが1度しか適用されないという事がないので、更新月→解約→再契約とループして行けば、何度でもお得に契約を繰り返す事ができます。

ただし、下手に更新月で解約して、違約金を支払い再契約しようとすると、結局はどのタイミングで行っても、更新月まで使い続けるのがお得になっているので、その点には注意が必要です。

Broad WiMAXは、再契約の場合でも、新規契約の時と同じだけ割引をしてくれて、キャンペーンを何度でも適用してくれる良心的なプロバイダです。

契約の度にプロバイダを比較して、乗り換えを繰り返してきたユーザーは多いと思いますが、Broad WiMAXは、長く付き合っていけるプロバイダだという事が分かりました。

3年後の更新月の度に、一度解約して再契約した方が安くなるので、その手間だけはありますが、それさえ繰り返せば、ずっと安く使えるのがBroad WiMAXです。

Broad WiMAXの申し込み方法を徹底解説!手順や損をしないための注意点について

Broad WiMAX キャンペーン