公式サイトよりも詳しいブロードWiMAXの解説サイト

Broad WiMAXとUQ WiMAXの違いはなに?比較するポイントのまとめ

Broad WiMAXはUQ WiMAXよりも1,000円ほど月額料金が安いお得なプロバイダです。

しかし、ここまで安いと、UQ WiMAXと比べて回線の品質やサービス内容が劣るのでは?と考えるユーザーも少なくないのではないでしょうか。

結論から言うと、回線速度や通信容量などの基本的な品質に全く違いはありません。

サポートやオプションの内容もBroad WiMAXの方が充実しているので、余程の理由がない限りBroad WiMAXを選ぶのがおすすめです。

ただ、公衆無線LANオプションが無かったり、auスマホで割引を受けることができるauスマホ割プランに若干の注意点があったりと、しっかりと比較するべきポイントがあるのも事実です。

このページでは、Broad WiMAXとUQ WiMAXの違いを、徹底的に比較して解説したいと思います。

Broad WiMAXとUQ WiMAXの比較ポイント

Broad WiMAX UQ WiMAX
最大通信速度 758Mbps
通信容量 ライトプラン : 7GB/月
ギガ放題プラン : 10GB/3日(無制限/月)
事務手数料 3,000円
初期費用 18,875円
→ キャンペーンで無料
無料
ライトプラン 2,726円 3,696円
<ギガ放題>
3ヶ月間
2,726円 3,696円
24ヶ月まで 3,411円 4,380円
25ヶ月以降 4,011円 4,380円
公衆無線LAN 361円 無料
端末保証 550円/月 500円/月
グローバルIP 96円/月

Broad WiMAXとUQ WiMAXの速度やエリアは同じ

Broad WiMAXとUQ WiMAXを比較すると、通信速度や通信可能なエリアは全く同じです。

これは、Broad WiMAXが、UQ WiMAXの代理店のような形でWiMAX2+回線を販売しているからで、回線自体はUQ WiMAXと何ら変わりがないからです。

エリアに関しても同じで、UQ WiMAXが繋がるエリアなら、必ずBroad WiMAXも繋がるということになります。

通信容量も同様で、ライトプランなら7GBまで、ギガ放題プランなら、3日で10GBという制限はあるものの、月の通信容量に関しては使い放題になっています。

通信速度やエリア面での違いを心配しているなら、この部分はどちらで契約しても変わらないので、安心です。

大きな違いは月額料金

Broad WiMAXとUQ WiMAXの大きな違いは、料金です。

UQ WiMAXの回線を販売しているプロバイダは他にもたくさんありますが、その中でも月額料金最安値で提供しているのがBroad WiMAXです。

UQ WiMAXは、ほとんど値引きがなく、値引きやキャッシュバックはBroad WiMAXのような販売代理店が担っていて、その分利用者獲得のために、差別化を図っています。

ユーザーにとっては、安い料金で同じサービスが使えるので、必ずUQ WiMAX以外の所で契約した方がお得です。

Broad WiMAXは、通信容量が7GBのプランでも、ギガ放題プランでも、UQ WiMAXより1,000円近く割引されているので、1年で12,000円→2年で24,000円と、比較すると利用料金には大きな差が生まれます。

さらに、Broad WiMAXは、初期費用無料キャンペーン中なので、本来18,875円必要な初期費用も無料になるので、契約するならキャンペーンの開催期間中がさらにお得です。

Broad WiMAXのキャンペーン内容を徹底解説!初期費用や端末代金が期間限定で無料!

Broad WiMAXの料金って本当にお得なの?契約・解約時にかかる費用や月額料金を全部解説!

Broad WiMAXはa公衆無線LANがオプション

UQ WiMAXでは、公衆無線LANが標準で搭載されていて、Wi2 Premiumなどの無線LANサービスが利用できます。

これに対して、Broad WiMAXは、361円の有料オプションになっています。

利用しない場合は、全く問題ないですが、公衆無線LANをよく利用するという方は追加で申し込みをする必要があります。

オプションをつけたとしても、UQ WiMAXよりもBroad WiMAXの方が安いのですが、2年間のお得割が終了して、4,011円/月の料金になると、2つのプロバイダの月額料金はほぼ同額になります。

公衆無線LANオプションをつけた場合は、Broad WiMAXとUQ WiMAXの料金差は少なくなりますが、それでもBroad WiMAXの方が断然安く利用できます。

個人的にはWiMAXだけでどこでも通信が可能なので、わざわざ公衆無線LANオプションをつける必要はないかなと思います。

過去にUQ WiMAXで契約したことがありますが、公衆無線LANオプションを利用したのは、新幹線の中で1度だけ試しに使ってみただけでした。

UQ WiMAXは2年プランあり

WiMAXは、現在ほとんどのプロバイダが3年プランに移行しています。

Broad WiMAXも同様で、現在は2年プランでの受付を廃止し、3年契約のプランのみで申し込みを受付しています。

それに対して、UQ WiMAXは、現在も2年プランの受付をしています。

とはいえ、2年契約のページはとても分かりにくく、サイトの表示はほぼ3年プランしか内容な構成になっていて、UQ WiMAXでも3年プランを推奨していることがはっきりと分かります。

WiMAXはWiMAX2+に移行して、LTE回線と同時通信をすることで758Mbpsの通信速度を実現しています。

3年プランが登場する以前はLTEオプションが有料だったので、ほとんどのユーザーがWiMAX2+回線のみを利用していました。

3年プランでLTEを無料にすることによって、WiMAX2+とLTEの2つの回線で同時通信することを標準化させようとしているのだと思います。

現在2年プランを受付しているUQ WiMAXも、近いうちに3年プランのみでの受け付けになるでしょう。

契約期間が短い方が良いなら、UQ WiMAXですが、割引が全くないので、契約期間が短い方が良いとも限りません。

Broad WiMAXは全ての端末が無料

UQ WiMAXは、端末代金が2,800円から4,800円必要なのですが、Broad WiMAXはキャンペーンにより、全ての端末代金が無料になっています。

それも旧機種ではなく、各メーカーの最新機種が無料でもらえます。

初期費用無料のキャンペーンと合わせて、数千円でも契約時の料金が安くなるのもBroad WiMAXの魅力です。

WiMAXルーターは、最新機種であれば20,000円相当の価格で販売されているので、これが無料というのは、UQ WiMAXのような公式ではなく、販売代理店ならではの特典ですね。

Broad WiMAXの機種はどれがおすすめ?端末の違いを徹底比較!

Broad WiMAXとUQ WiMAXを比較したまとめ

Broad WiMAXとUQ WiMAXは、使用している回線が同じUQ  WiMAXなので、速度やエリアは全く同じです。

Broad WiMAXは、UQ WiMAXの販売代理店のような形なのですが、利用者を増やすために、月額料金の大幅な割引を行なっています。

とはいえ、格安SIMのように混雑時に通信速度が遅くなったりはしないので、本当に料金だけが異なるということになります。

ただ、こういったことを詳しく知らなければ、UQ WiMAXでそのまま契約してしまうのでしょうが、それでは3年間の利用料金に30,000円近く高くなってしまいます。

サービスが全く同じなら、少しでもお得なプロバイダで契約するのがおすすめです。

Broad WiMAXは、数あるプロバイダの中でも、月額料金の割引が最も大きいので、選んで置いて間違いはないでしょう。

Broad WiMAXには、他社WiMAXの解約違約金を負担してくれる、違約金負担というサービスもあるので、UQ WiMAXの契約期間中にBroad WiMAXに乗り換えるという方法も可能です。

これから契約する場合も、現在のUQ WiMAXの料金を見直すにも、Broad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAX キャンペーン