公式サイトよりも詳しいブロードWiMAXの解説サイト

Broad WiMAXのギガ放題とライトプランって?通信容量に応じて選ぶプラン種別を解説

Broad WiMAXには、ギガ放題プランとライトプランという2つのプランがあります。

それぞれ、利用するデータ通信量で選べば良いのですが、どっちを選べば良いのでしょうか?

Broad WiMAXのサイトでは、ギガ放題プランをおすすめしていて、個人的にもまずはギガ放題プランで申し込みをするのがおすすめです。

このページでは、ギガ放題プランとライトプランそれぞれの特徴や違い、2つのプランの選び方を詳しく解説しています。

ギガ放題プランとライトプランどっち?と悩んでいる方は、プラン選びの参考にしてください。

Broad WiMAXのギガ放題プランとライトプランの違い

プラン 料金 通信量 制限 解除
ライト 2,726円 7GB/月 128Kbps 翌月
ギガ放題 3,411円 3日/10GB
無制限/月
1Mpbs 翌日の2:00

Broad WiMAXのライトプランとギガ放題プランの特徴をまとめると、上の表のようになります。

ライトプランは、月額料金が安い代わりに、月の通信容量が7GBまでと少ないのが特徴です。

ギガ放題プランは、7GBプランと比べて月額料金が高い代わりに、月の通信容量は無制限で、制限を受けてもある程度の速度で通信が可能です。

Broad WiMAXの料金って本当にお得なの?契約・解約時にかかる費用や月額料金を全部解説!

Broad WiMAXのライトプランの特徴

Broad WiMAXのライトプランは、月の通信容量が少ないユーザー向けのプランです。

ライトプランの特徴は、次のようなものがあります。

  • 高速通信は7GBまで
  • 制限時の速度は128Kbps
  • 解除されるのは翌月
  • LTEオプションを使っても同様

ライトプランの高速通信は月に7GBまで

WiMAXと言えば、使い放題の通信サービスというイメージが強いですが、WiMAX2+に移行してからは、使い放題のプランと、低容量通信向けのプランが登場しました。

それがライトプランです。

ライトプランの月の通信容量は7GBまでなので、毎月の通信容量がそこまで多くないというユーザーに向けたプランです。

7GBがどれくらいの通信容量かをイメージしやすいように、例を挙げておきましょう。

  • Webページ : 約30,000ページ
  • Googole マップ : 約10,000回表示
  • LINE音声通話 : 約385時間
  • LINEビデオ通話 :  21時間
  • Youtube低画質 : 35時間
  • Youtube高画質 : 10.5時間

7GBの通信容量では、Webページの閲覧や、LINE音声通話程度なら、おそらく1ヶ月で使いきれないほどの容量があります。

しかし、LINEビデオ通話や、Youtubeの再生となると、途端にデータ通信量が多くなり、1ヶ月で見ると少しの時間しか利用できないことが分かります。

家ではほとんどWiFiで、外出時に少しネットを利用したいというなら、7GBで問題ありませんが、家でも外でもWiMAXを利用して通信したいという場合は、ライトプランでは物足りません。

制限時の速度は128Kbpsで全く実用性がない

ライトプランの特徴として、7GBという通信容量の他に、速度制限時の低速通信があります。

ギガ放題プランなら、速度制限時でも1Mbps程度の速度が出るので、Webページの読み込みはもちろん、高画質でなければ動画の読み込みも可能です。

しかし、ライトプランの場合は、128Kbpsという速度まで制限がかかるので、Webページすら満足に読み込めないといった速度です。

速度制限にかかってもなんとか使えるというレベルではなく、速度制限にかかってしまったら、解除されるまではほぼ使い物になりません。

速度制限が解除されるのは翌月

ライトプランは、月の通信容量が定められているので、7GBを超えて128Kbpsの速度になってしまうと、その月はそのまま我慢して利用しなければいけません。

ギガ放題プランなら、翌日にはリセットされるので、これも大きな違いです。

ライトプランを選ぶ場合は、常に通信容量を超えないように注意しながら、7GBを超えないように利用を制限しなければ、いざという時に128Kbpsでは全く使えないので、注意が必要です。

LTEオプションを使っても合計は7GB

Broad WiMAXでは、ライトプランでもギガ放題プランでも、LTEオプションは無料で利用できます。

LTEの月の通信容量が7GBなので、WiMAX2+とLTEで合計14GBの通信と考えるかもしれませんが、2つを合わせて7GBなので、LTE接続だけが別でカウントされている訳ではありません。

ちなみにLTEオプションは、ギガ放題プランの場合でも通信容量は7GBまでとなっています。

ライトプランのメリットとデメリットは?

ライトプランのメリットは、月額料金が安いという一点でしょう。

ギガ放題プランよりも、毎月600円ほど安く利用できます。

反対にデメリットは、600円の差でギガ放題プランと大きな通信容量の違いが生まれることです。

毎月たったの600円で、ライトプランの何倍もの通信容量が得られるので、わざわざライトプランを選ぶ意味はないと思います。

Broad WiMAXは、契約から3ヶ月間はライトプランの月額料金で、ギガ放題プランが使えるので、まずはギガ放題プランで試して見ることをおすすめします。

Broad WiMAXのギガ放題プランの特徴

Broad WiMAXは、3日で10GBという制限はあるものの、月の通信容量は無制限というおすすめのプランです。

ギガ放題プランの特徴をまとめると、次のようになります。

  • 3日で10GB
  • 月の通信は無制限
  • 速度制限は18:00 – 2:00まで
  • 制限時も1Mbpsの通信が可能

ギガ放題は3日で10GBを超えると速度制限

Broad WiMAXのギガ放題プランは、3日で10GBを超えると、通信速度が1Mbpsに制限されます。

ただ、ライトプランは月で7GBまでなので、比較すると3日で10GBというのは、それだけでもかなり大容量の通信が可能です。

Youtubeを高画質で見ても、10GBあれば3日で合計15時間の再生が可能です。

これだけあれば、音楽のストリーミングはもっと長時間できますし、LINEのビデオ通話であっても全く問題なく利用できます。

大容量のファイルを常にやりとりしているというような使い方でなければ、3日で10GBは必要十分な通信容量です。

月の通信容量は無制限

Broad WiMAXのギガ放題プランには、3日で10GBという制限がありますが、月の通信容量で見ると、無制限です。

例えば、3日間で10GBを毎回使ったとすると、月の通信容量は90GBになります。

さらに、ギガ放題プランの速度制限を受ける時間帯は、18:00 – 2:00なので、それ以外の時間高速通信を使ったとすると、100GBを超えることもあります。

ギガ放題プランは、月で通信量の上限を定めていないので、こうした使い方だと問題なく利用できます。

速度制限がかかっていたとしても、速度制限がかかっていない日中に動画ファイルをダウンロードしておいて、速度制限がかかった18:00以降は、通信せずに動画をみるという使い方も可能です。

速度制限は18時から2時までの6時間のみ

ギガ放題プランの速度制限は、3日で10GBの通信量を超えた翌日の18時から2時までです。

制限を受ける時間は6時間程度ということになります。

また、その翌日に3日で10GB以内におさまっていれば、翌日には元の高速通信が可能になります。

18時からというのは、インターネットに接続するユーザーがもっとも増える時間帯なので、混雑時に通信制限をするためでしょう。

何れにしても、ギガ放題プランの速度制限は、とても条件がゆるく使い方によっては月に1度も制限を受けないということも十分にあります。

制限時の速度も1Mbps

ギガ放題プランは、ライトプランと比較してはるかに通信容量が多いのですが、万が一制限がかかっても、1Mbps程度の速度で通信ができるという特徴があります。

ライトプランでは、128Kbpsという超低速通信に抑えられてしまうので、1度速度制限にかかってしまったら、その月のWiMAXは使い物にならないという速度です。

しかし、ギガ放題プランに関しては、速度制限を受けても、1Mbpsというある程度の通信速度で利用することができます。

これは、128Kbpsの約10倍の速度なので、Webページの読み込み程度なら、全くストレスなく表示されます。

Youtubeなどの動画に関しては、高画質では流石に動画が止まってしまいますが、低画質ならある程度快適に読み込みができます。

高速通信時と比べると、遅いですが、十分実用的な速度で制限を受けている期間も使えるのはギガ放題プランの大きな魅力です。

ギガ放題プランのメリットとデメリット

Broad WiMAXのギガ放題プランは、他のモバイルルーターにはない、月の通信容量が無制限というのが最大のメリットです。

3日で10GBという制限も、とても緩いですし、制限時の通信速度が1Mbpsというのも実用的です。

デメリットとしては、ライトプランに比べて月額料金が高くなることですが、正直通信容量を考えると、600円程度の月額料金のアップは格安です。

どのモバイルデータ通信サービスでも、この価格でこれだけのデータ通信をさせてくれる所はありません。

ギガ放題プランには、メリットはあっても、ライトプランと比較して感じるメリットはほとんどありません。

Broad WiMAXのプランまとめ

Broad WiMAXには、ギガ放題プランとライトプランという、通信容量で分けた2つの料金プランがあります。

ライトプランは、月に7GBまでしか通信ができないので、WiMAXを時々しか利用しないライトユーザーにぴったりなプランです。

ギガ放題プランは、ライトプランよりも月額料金が600円ほど高くなりますが、月の通信容量が無制限のプランです。

ここまで解説したように、ライトプランに比べて、ギガ放題プランの方がWiMAXを活用できる幅が広がります。

コスト面で見ても、これだけの通信容量を数百円では足せないので、総合的に見るとギガ放題プランの方がお得です。

ギガ放題プランは、3ヶ月間ライトプランの料金で利用できるので、どちらにしようか悩んでいるという方は、まずはギガ放題プランで申し込み、使い勝手や実際に使う通信容量を確認してからプランをしっかり選ぶのがおすすめです。

Broad WiMAXの申し込み方法を徹底解説!手順や損をしないための注意点について

Broad WiMAXのキャンペーン内容を徹底解説!初期費用や端末代金が期間限定で無料!

Broad WiMAX キャンペーン